CodeReader-JP codeReader-jp
CR950
cortexdecoder
xhd
CR6000
CR6000
CR4405
CR3600
CR2600
CR2300
CR1400
CR1000
CR900
CR8000
アクセサリーズ

QCC発行

事例集

バッチ処理

ワイヤレス処理

ケーブル接続製品

他社取扱製品

Software

What's New

ダウンロード

サイトマップ

会社概要

お問い合わせ

 
 
   
 
      多種多様なバーコードが使われている    
  様々な大きさのバーコードが使われている  
  看護士は重たいリーダーは持ちたくない  
  患者さんを看護する際にケーブルがあると問題  
  大きな音をだしてはいけない  
  ホストで様々なチェックが必要  
 
 
 
 
 
 
 
   
 
   
  全てのバーコードを読めるようにする  

  様々な大きさのバーコードを読めるようにする  
  ポケットに入るサイズのリーダーを用意する  
  ワイヤレス対応する  
  持ち運び可能  
  結果をバイブレーションで知らせれば静かな  
    環境が必要な場所でも問題ありません  
  ホストの応答をBluetooth通信を用いてすぐ  
    通知する  
    −患者は正しいです  
    −薬は正しいです  
    −用量は正しいです  
    −時間は正しいです  
 
 
   
 
      看護士はカートにPCを乗せて運ぶ必要は    
    ありません  
  部屋に設置されているPCにQCCを読取  
    する事によって簡単に接続出来ます  
  WiFiとBluetoothは両方の運用 が可能です  
  医療における重大なミスを事前に防げます  
  Code製品はLexan樹脂を採用しているため  
    消毒が容易です  
 
 
 
<対応機種>

 

    

 

代表的な導入例

  Brigham & Women's Hospital(ボストン)
  St.Luke's Hospital(セントルイス)
戻る
 
 CR6000 / CR5000 / CR4405 / CR3600 / CR2600 / CR2300 / CR1400 / CR1000 / CR900FD / CR8000
Copyright(C)CodeReader-JP Corporation All rights reserved.