CodeReader-JP codeReader-jp
CR950
cortexdecoder
xhd
CR6000
CR6000
CR4405
CR3600
CR2600
CR2300
CR1400
CR1000
CR900
CR8000
アクセサリーズ

QCC発行

事例集

バッチ処理

ワイヤレス処理

ケーブル接続製品

他社取扱製品

Software

What's New

ダウンロード

サイトマップ

会社概要

お問い合わせ



ご 挨 拶

米国Code Corporation社では 既に メガピクセルの二重焦点機構を持ち かつ この種二次元リーダーでは世界で初めて Bluetooth無線をインプリメントした 最も ユニークな二次元コードリーダーCodeReader2.0 を開発・発売してまいりました。

さらに その CR2.0をベースに 液晶部とキーボード部を付加し ”Portable Data Terminal” として 2005年9月に 発表・発売を開始いたしました。

この発売に併せて、 センテックとCode社間で 種々協議を重ねてまいりました結果、より一層のサポート体制の強化、そして Code社から日本のマーケットに対して技術レベルの完全な伝播と移牒を旨として このユニークな商材を日本の市場にジャストマッチしていくために 2006年5月ジョイントベンチャーを創業することといたしました。

とはいえ 日本のマーケットには独特の慣習などもありますので 多くの外資系の企業とは全く異なる運営形態で あくまでも 日本人による日本人の運営会社であることを第一義に 親密できめの細かいフォローアップを行っていく所存であります。 Code社のCEO Mr. George Powellとは、 日本市場の重要性に鑑みて 技術面では全面的なバックアップ体制を敷いてくれるものの運営自体には口を出さない自由裁量での経営について意気投合したところであります。

私どもは Code社も含めまして ハンディーターミナルの分野では 数多のメーカー特に大手日本メーカーの居並ぶ中でも後発になります。 しかしながら Code社の CodeReader2.0 及び CodeReader3.0の優位性は微動だにしないとの自負心を持ち なお一層 ’使いやすいリーダー・PDT’ をテーマに アプリケーションのサポート開発に邁進していきますので 何卒ご指導・ご鞭撻のほど お願い申し上げる次第です。

2007年 7月
代表取締役 千秋 幸雄

 

 

 CR6000 / CR5000 / CR4405 / CR3600 / CR2600 / CR2300 / CR1400 / CR1000 / CR900FD / CR8000
Copyright(C)CodeReader-JP Corporation All rights reserved.