CodeReader-JP codeReader-jp
CR1500
CR950
cortexdecoder
xhd
CR6000
CR6000
CR4405
CR3600
CR2600
CR1400
CR1000
CR8000
アクセサリーズ

QCC発行

事例集

バッチ処理

ワイヤレス処理

ケーブル接続製品

他社取扱製品

Software

What's New

ダウンロード

サイトマップ

会社概要

お問い合わせ

 
Code社製品の特徴
 
   
 

Code社製品の主な特徴をご紹介いたします。
より詳細な情報がご必要な方は、こちらからお問い合わせ下さい。

   
   
 
   

アプリケーションを開発する際、Code社が提供する制御用DLLを組み込むことによって1台のPCで複数台のリーダーを管理可能です。一般的なキーボード接続とは異なり、USB機器として情報を管理するので、どのリーダーからデータを受信したか判別出来ます。

   


    またPC側からコマンドを送信することも可能です。事前にリーダーのレジスタにID番号などを登録すると、リーダーを個別に指定して読取コマンドを発行する事が出来ます。読取コマンド以外にも設定の確認・変更なども可能です。
     
 
 
 
 
   

ハンディターミナル型のCR3500、CR3は勿論、 データコレクター型のCR2500、CR2、そしてケーブル接続用のCR1200、CR1000、CR1400 にもオプションのJavaライセンスを追加する事によって、独自アプリケーションを起動する事が出来ます。
液晶画面が付いていない CR2シリーズでもリーダー内部にて読取したバーコードのデータ加工、または必要な情報を付加するなど、ホスト側システムの仕様に合わせてデータを送信する事が可能です。

   


    合わせてCR1200、CR1000、CR1400 もケーブル接続専用の廉価版ながら同等の処理が可能なため、ホスト側システムに何ら変更を加えなくてもご利用可能です。
また予めマスターファイルをリーダーにダウンロードする事により、簡単なチェック等も可能です。
チェックの合否は ビープ音の高低、長短、回数等でオペレータに通知可能です。
     
  FIFA ワールドカップ2006
  検品作業
 
 
 
 
   

Code製品は多段読取機能を有効にする事により、複数のバーコードを一括読取する事が可能です。
中でもCR1200は広角レンズが採用されているため、広い視野内(約100mm*100mm)の全シンボルを一括で読取可能です。
バーコードの種類に制限はなく、1次元、2次元が混在していても問題ありません。更にOCRライセンスを追加されている場合は、OCR-Aフォント、OCR-Bフォントで印字されているOCRコードも読取可能です。

   


    Javaアプリケーションと一緒に利用する事により、バーコードの種別を判定して順番を並び替えたり、座標計算を行い昇順、降順、または指定された順番に出力する事が可能です。複数のバーコードを必ず出力する必要がある場合、Javaアプリケーション内でデータ数が揃うまで出力を保留し、指定されたデータ数に達してからホスト側に送信するよう制御する事が出来ます。
     
  多段読取チェック
  ケース内容チェック
 
 
 
   
     
     
     
     
     
     
 
 
 
 Cortex / CR1500 / CR950 / CR6000 / CR5000 / CR4405 / CR3600 / CR2600 / CR1400 / CR1000 / CR8000
Copyright(C)CodeReader-JP Corporation All rights reserved.