CodeReader-JP codeReader-jp
CR950
cortexdecoder
xhd
CR6000
CR6000
CR4405
CR3600
CR2600
CR2300
CR1400
CR1000
CR900
CR8000
アクセサリーズ

QCC発行

事例集

バッチ処理

ワイヤレス処理

ケーブル接続製品

他社取扱製品

Software

What's New

ダウンロード

サイトマップ

会社概要

お問い合わせ




リチウムイオン蓄電池の規制について

経済産業省製品安全課から平成20年4月に作成されました「資料1<リチウムイオン蓄電池の規制対象化(電機用品安全法施行令の改正について)>」により対象となりますリチウムイオン蓄電池を同梱する製品には、PSEマークが必要となります。 PSEマークは、製造または輸入販売元で対象となるバッテリに対して表示を付ける義務があります。

今回の電機用品安全法施行令の改正によるリチウムイオン蓄電池の規制対象は、@リチウムイオン蓄電池であってA400ワット時毎リットル以上のものとなっています。

米国Code社製CodeReaderシリーズの一部の機種で、リチウムイオン蓄電池を使用して動作をいたしておりますが、400ワット時毎リットル以下のリチウムイオン蓄電池を使用しているため、

CodeReaderはPSE規制対象外となります。

バッテリを装着できる二次元コードリーダーのシリーズは、
 A) ハンディーターミナル型モデル
    ・ CodeReader 3.0(CR3)
    ・ CodeReader 3500 (CR3500)
 B) 二次元コードリーダーモデル (ケーブル接続のみモデルを除く)
    ・ CodeReader 2.0 (CR2)
    ・ CodeReader 2500 (CR2500)
です。 各モデルは、共通のバッテリアクセサリを使用しております。 
リチウムイオン蓄電池を装備したアクセサリは、
    ・ 1950mA/hバッテリ  型式:CR2AG-B2
    ・ 1950mA/hバッテリ付ハンドグリップ 型式:CR2AG-BH1
    ・ 3900mA/hバッテリ付ハンドグリップ 型式:CR2AG-BH2
以上の3種類です。 各アクセサリは、全て同じリチウムイオン蓄電池を使用しています。 3900mA/hバッテリ付ハンドグリップは、1950mA/hリチウムイオン蓄電池を2個アクセサリ内に取り付けています。
使用していますリチウムイオン蓄電池は「パナソニック社製CGA103450:角形リチウムイオン電池」で定格は、下記の表の通りです。

Panasonic社データシートよりCGA103450は、「373Wh/l」と明記されています。


データの詳細については下記URLよりダウンロードしてください。

Panasonic USA ( http://www.panasonic.com/industrial/battery/oem/images/pdf/LiIon_CGASeries_4pgs.pdf )

 

 

 CR6000 / CR5000 / CR4405 / CR3600 / CR2600 / CR2300 / CR1400 / CR1000 / CR900FD / CR8000
Copyright(C)CodeReader-JP Corporation All rights reserved.